「宅地建物取引業法」 一覧

【過去問】平成13年度問34

問題 宅地建物取引業者が、その業務に関して行う次の行為のうち、宅地建物取引業法の規定に違 反するものはいくつあるか。 ア 都市計画法による市街化調整区域内の土地について、「近々、市街化区域と市街化調整 …

【過去問】平成21年度問43

問題 次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、正しいものはどれか。 (1)宅地建物取引業者の従業者である取引士(※)は、取引の関係者から事務所で従業者証明書 の提示を求められたときは、この証明 …

【過去問】平成14年度問44

問題 次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、正しいものはどれか。 (1)営業保証金の供託は、金銭のみならず、一定の有価証券をもって行うこともできるが、営業保証金の不足額の供託は、金銭により行 …

【過去問】平成25年度問42

問題 甲県知事の宅地建物取引士(※)資格登録(以下この問において「登録」という。)を受けている取引士(※)Aへの監督処分に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、正しいものはどれか。 ( …

【過去問】平成24年度問44

問題 宅地建物取引業法の規定に基づく監督処分に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。 (1)国土交通大臣又は都道府県知事は、宅地建物取引業者に対して必要な指示をしようとするときは、行政手続法に規定 …

【過去問】平成23年度問44

問題 宅地建物取引業法の規定に基づく監督処分に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。 (1)国土交通大臣は、すべての宅地建物取引業者に対して、宅地建物取引業の適正な運営を確保するため必要な指導 …

【過去問】平成22年度問44

問題 宅地建物取引業法の規定に基づく監督処分に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。 (1)国土交通大臣は、宅地建物取引業者A(甲県知事免許)に対し、宅地建物取引業の適正な運営を確保するため必要な …

【過去問】平成21年度問45

問題 宅地建物取引業法の規定に基づく監督処分に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。 (1)国土交通大臣に宅地建物取引業を営む旨の届出をしている信託業法第3条の免許を受けた信託会社は、宅地建物 …

【過去問】平成20年度問45

問題 宅地建物取引業者A(甲県知事免許)に対する監督処分に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、正しいものはどれか。 (1)Aの専任の取引士(※)が事務禁止処分を受けた場合において、A …

【過去問】平成25年度問45

問題 宅地建物取引業者Aが自ら売主として、宅地建物取引業者でない買主Bに新築住宅を販売する場合における次の記述のうち、特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保等に関する法律の規定によれば、正しいものはどれか。 …

Copyright© 不動産の専門家への第一歩~宅地建物取引士資格試験合格講座 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.