登録講習(5点免除)

登録講習とは、宅地建物取引業従事者の資質の向上と業務の適正化を図るため、従業者に業務上必要かつ有益な知識を習得させることを目的とした講習です。

登録講習を受講するメリット

この登録講習を修了すると、「登録講習修了者証明書」が交付され、その後3年間、宅地建物取引士資格試験の一部(5問)が免除されます(宅地建物取引業法第16条第3項)。
免除されるのは「土地の形質、地積、地目及び種別並びに建物の形質、構造及び種別に関すること」と「宅地及び建物の需給に関する法令及び実務に関すること」で、本試験では問46から問50に出題されている部分となります。

受講資格

宅地建物取引業に従事している方が受講できます。実務経験期間は問いません。(申込・受講の際には、従業者証明書の提示が必要となります。)

登録講習の申込先

登録講習は、当協会の提携団体である一般社団法人職能研修会(登録講習実施機関(1)20号)をご利用ください。

※日程・会場については、一般社団法人職能研修会ホームページをご覧ください。

一般社団法人職能研修会
http://www.shokuno.jp/