法令上の制限 過去問

【過去問】平成23年度問22

更新日:

問題

農地法(以下この問において「法」という。)に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。
(1)相続により農地を取得する場合は、法第3条第1項の許可を要しないが、遺産の分割により農地を取得する場合は、同項の許可を受ける必要がある。
(2)競売により市街化調整区域内にある農地を取得する場合は、法第3条第1項又は法第5条第1項の許可を受ける必要はない。
(3)農業者が、自らの養畜の事業のための畜舎を建設する目的で、市街化調整区域内にある150㎡の農地を購入する場合は、法第5条第1項の許可を受ける必要がある。
(4)市街化区域内にある農地を取得して住宅を建設する場合は、工事完了後遅滞なく農業委員会に届け出れば、法第5条第1項の許可を受ける必要はない。

解説

正解(3)
(1)誤り。相続により農地を取得する場合も、遺産分割により取得する場合も、いずれも農地法第3条第1項の許可は不要である(農地法第3条第1項第12号)。なお、相続・遺産分割により農地を取得した者は、農業委員会にその旨を届け出なければならない(農地法第3条の3)。
(2)誤り。競売による取得についても農地法第3条第1項又は第5条第1項の許可が必要である。
(3)正しい。農地とは耕作の目的に供される土地をいう(農地法第2条第1項)。畜舎は農地ではなく、畜舎を建設する目的で農地を購入する場合には、農地法第5条第1項の許可を受ける必要がある。
(4)誤り。市街化区域内の農地転用目的の権利移動については、あらかじめ農業委員会へ届出をすれば足り、都道府県知事等の許可までは必要とされない(農地法第5条第1項第6号)。しかし、権利移動の前にあらかじめ届出をする必要があり、本肢のように工事完了後遅滞なく農業委員会に届け出れば良いというわけではない。

-法令上の制限, 過去問
-, ,

Copyright© 不動産の専門家への第一歩~宅地建物取引士資格試験合格講座 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.