宅地建物取引業法 過去問

【過去問】平成11年度問43

更新日:

問題

宅地建物取引業法に規定する標識に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。
(1)複数の宅地建物取引業者が、業務に関し展示会を共同で実施する場合、その実施の場所に、すべての宅地建物取引業者が自己の標識を掲示しなければならない。
(2)宅地建物取引業者は、一団の宅地の分譲を行う案内所で契約の締結を行わない場合、その案内所には標識を掲示しなくてもよい。
(3)宅地建物取引業者は、一団の建物の分譲を、当該建物の所在する場所から約800m離れた駅前に案内所を設置して行う場合で、当該建物の所在する場所に標識を掲示したとき、案内所には標識を掲示する必要はない。
(4)宅地建物取引業者の標識の様式及び記載事項は、その掲示する場所が契約の締結を行う案内所であれば、事務所と同一でなければならない。

解説

正解(1)
(1)正しい。宅地建物取引業者は、事務所等及び事務所等以外の国土交通省令で定めるその業務を行う場所ごとに、公衆の見やすい場所に、国土交通省令で定める標識を掲げなければならない。したがって、催しの実施場所に標識を掲示しなければならない(宅地建物取引業法第50条第1項、宅地建物取引業法施行規則第19条第1項第5号)。複数の宅地建物取引業者が展示会を共同で実施するのであれば、すべての宅地建物取引業者が自己の標識を掲示しなければならない。
(2)誤り。宅地建物取引業者は、一団の宅地の分譲を行う案内所で契約の締結を行わない場合であっても、その案内所には標識を掲示しなければならない(宅地建物取引業法第50条第1項)。
(3)誤り。当該建物の所在する場所に標識を掲示したときでも、案内所にも標識を掲示する必要がある(宅地建物取引業法第50条第1項、宅地建物取引業法施行規則第19条第1項第2号)。
(4)誤り。記述のような規定はない。

-宅地建物取引業法, 過去問
-, ,

Copyright© 不動産の専門家への第一歩~宅地建物取引士資格試験合格講座 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.