宅地建物取引業法 過去問

【過去問】平成11年度問40

更新日:

問題

宅地建物取引業者Aが、自ら売主として、建物を販売する場合に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定に違反しないものはどれか。
(1)Aは、建物を新築するため建築確認の申請中であったので、「建築確認申請済」と表示して、その建物の販売に関する広告を行い、販売の契約は建築確認を受けた後に締結した。
(2)Aが、建物を新築するため建築確認の申請中であったので、宅地建物取引業者Bに対し、その建物を販売する契約の予約を締結した。
(3)Aは、中古の建物を、その所有者Cから停止条件付きで取得する契約を締結し、当該条件の未成就のまま、その建物を宅地建物取引業者Dに対し販売する契約を締結した。
(4)Aは、都道府県知事から業務の全部の停止を命じられ、その停止の期間中に建物の販売に関する広告を行ったが、販売の契約は当該期間の経過後に締結した。

解説

正解(3)
(1)違反する。宅地造成・建物建築に関する工事の完了前においては、開発許可・建築確認があった後でなければ、宅地・建物の売買その他の業務に関する広告をしてはならない(宅地建物取引業法第33条)。
(2)違反する。契約締結時期の制限は、宅地建物取引業者間取引にも適用されるため、建築確認申請中に売買契約を締結することは、宅地建物取引業法に違反する(宅地建物取引業法第36条、第78条第2項)。
(3)違反しない。自己の所有に属しない不動産を売るときの規制は、宅地建物取引業者間取引には適用されない(宅地建物取引業法第33条の2、第78条第2項)。
(4)違反する。広告も業務の一部であるから、業務全部停止期間中に、販売広告等をすることはできない。

-宅地建物取引業法, 過去問
-, ,

Copyright© 不動産の専門家への第一歩~宅地建物取引士資格試験合格講座 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.