「 宅建 」 一覧

【過去問】平成24年度問12

問題 A所有の居住用建物(床面積50㎡)につき、Bが賃料月額10万円、期間を2年として、賃貸借契約(借地借家法第38条に規定する定期建物賃貸借、同法第39条に規定する取壊し予定の建物の賃貸借及び同法第 …

【過去問】平成23年度問12

問題 Aが所有する甲建物をBに対して賃貸する場合の賃貸借契約の条項に関する次の記述のうち、民法及び借地借家法の規定によれば、誤っているものはどれか。 (1)AB間の賃貸借契約が借地借家法第38条に規定 …

【過去問】平成27年度問11

問題 AがBとの間で、A所有の甲建物について、期間3年、賃料月額10万円と定めた賃貸借契約を締結した場合に関する次の記述のうち、民法及び借地借家法の規定並びに判例によれば、正しいものはどれか。 (1) …

【過去問】平成25年度問12

問題 賃貸借契約に関する次の記述のうち、民法及び借地借家法の規定並びに判例によれば、正しいものはどれか。 (1)ゴルフ場経営を目的とする土地賃貸借契約については、対象となる全ての土地について地代等の増 …

【過去問】平成22年度問11

問題 借地借家法第23条の借地権(以下この問において「事業用定期借地権」という。)に関する次の記述のうち、借地借家法の規定によれば、正しいものはどれか。 (1)事業の用に供する建物の所有を目的とする場 …

【過去問】平成26年度問7

問題 賃貸人Aから賃借人Bが借りたA所有の甲土地の上に、Bが乙建物を所有する場合における次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。なお、Bは、自己名義で乙建物の保存登記をしている …

【過去問】平成23年度問7

問題 Aは、Bに対し建物を賃貸し、Bは、その建物をAの承諾を得てCに対し適法に転貸している。この場合における次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。 (1)BがAに対して賃 …

【過去問】平成19年度問7

問題 担保物権に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。 (1)建物の建築工事の費用について、当該工事の施工を行った者が先取特権を行使するためには、あらかじめ、債務者であ …

【過去問】平成28年度問4

問題 Aは、A所有の甲土地にBから借り入れた3,000万円の担保として抵当権を設定した。この場合における次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。 (1)Aが甲土地に抵当権を …

【過去問】平成27年度問7

問題 債務者Aが所有する甲土地には、債権者Bが一番抵当権(債権額2,000万円)、債権者Cが二番抵当権(債権額 2,400万円)、債権者Dが三番抵当権(債権額4,000万円)をそれぞれ有しており、Aに …

Copyright© 不動産の専門家への第一歩~宅地建物取引士資格試験合格講座 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.