「 宅建 」 一覧

【過去問】平成18年度問11

問題 事業者Aが雇用している従業員Bが行った不法行為に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。 (1)Bの不法行為がAの事業の執行につき行われたものであり、Aに使用者とし …

【過去問】平成26年度問13

問題 建物の区分所有等に関する法律(以下この問において「法」という。)に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。 (1)区分所有者の団体は、区分所有建物が存在すれば、区分所有者を構成員として当然 …

【過去問】平成25年度問13

問題 建物の区分所有等に関する法律に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。 (1)区分所有者の承諾を得て専有部分を占有する者は、会議の目的たる事項につき利害関係を有する場合には、集会に出席して …

【過去問】平成24年度問13

問題 建物の区分所有等に関する法律に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。 (1)共用部分の保存行為は、規約に別段の定めがない限り、集会の決議を経ずに各区分所有者が単独ですることができる。 ( …

【過去問】平成29年度問3

問題 次の1から4までの記述のうち、民法の規定及び下記判決文によれば、誤っているものはどれか。 (判決文) 共有者の一部の者から共有者の協議に基づかないで、共有物を占有使用することを承認された第三者は …

【過去問】平成18年度問4

問題 A、B及びCが、持分を各3分の1として甲土地を共有している場合に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。 (1)甲土地全体がDによって不法に占有されている場合、 …

【過去問】平成18年度問7

問題 A銀行のB社に対する貸付債権につき、Cは、B社の委託を受けその全額につき連帯保証するとともに、物上保証人として自己の所有する土地に担保設定している。DもB社の委託を受け全額につき連帯保証している …

【過去問】平成20年度問6

問題 AからBとCとが負担部分2分の1として連帯して1,000万円を借り入れる場合と、DからEが1,000万円を借り入れ、Fがその借入金返済債務についてEと連帯して保証する場合とに関する次の記述のうち …

【過去問】平成25年度問6

問題 A銀行のBに対する貸付債権1,500万円につき、CがBの委託を受けて全額について連帯保証をし、D及びEは物上保証人として自己の所有する不動産にそれぞれ抵当権を設定していた場合、次の記述のうち、民 …

【過去問】平成26年度問12

問題 借地借家法第38条の定期建物賃貸借(以下この問において「定期建物賃貸借」という。)に関する次の記述のうち、借地借家法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。 (1)定期建物賃貸借契約を締 …

Copyright© 不動産の専門家への第一歩~宅地建物取引士資格試験合格講座 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.