権利関係 過去問

【過去問】平成10年度問7

更新日:

問題

Aが、A所有の土地をBに売却する契約を締結した場合に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、誤っているものはどれか。
(1)AのBに対する売却の意思表示がCの詐欺によって行われた場合で、BがそのCによる詐欺の事実を知っていたとき、Aは、売却の意思表示を取り消すことができる。
(2)AのBに対する売却の意思表示がBの強迫によって行われた場合、Aは、売却の意思表示を取り消すことができるが、その取消しをもって、Bからその取消し前に当該土地を買い受けた善意のDには対抗できない。
(3)Aが、自分の真意ではないと認識しながらBに対する売却の意思表示を行った場合で、BがそのAの真意を知っていたとき、Aは、売却の意思表示の無効を主張できる。
(4)AのBに対する売却の意思表示につき法律行為の要素に錯誤があった場合、Aは、売却の意思表示の無効を主張できるが、Aに重大な過失があったときは、無効を主張できない。

解説

正解(2)
(1)正しい。相手方に対する意思表示について第三者が詐欺を行った場合においては、相手方がその事実を知っていたときに限り、その意思表示を取り消すことができる(民法第96条第2項)。
(2)誤り。詐欺による取消は善意の第三者に対抗できないが(民法第96条第3項)、強迫の場合には善意の第三者に対しても対抗することができる。
(3)正しい。表意者がその真意ではないことを知ってした意思表示(心裡留保)は、原則として有効である(民法第93条本文)。しかし、相手方が表意者の真意を知り、又は知ることができたときは無効である(民法第93条但書)。
(4)正しい。法律行為の要素に錯誤がある意思表示は無効であるが、表意者に重大な過失があったときは、表意者は無効を主張することができない(民法第95条)。

-権利関係, 過去問
-, ,

Copyright© 不動産の専門家への第一歩~宅地建物取引士資格試験合格講座 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.