お知らせ 宅地建物取引業法 過去問

【過去問】平成14年度問43

更新日:

問題

宅地建物取引業保証協会(以下「保証協会」という。)に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、正しいものはどれか。
(1)保証協会の社員は、宅地建物取引業者に限られる。
(2)保証協会は、一般財団法人でなければならない。
(3)一の保証協会の社員が、同時に他の保証協会の社員となっても差し支えない。
(4)保証協会は、弁済業務保証金分担金の納付を受けたときは、その日から2週間以内に弁済業務保証金を供託しなければならない。

解説

正解(1)
(1)正しい(宅地建物取引業法第64条の2第1項第2号)。
(2)誤り。保証協会は、一般社団法人でなければならない(宅地建物取引業法第64条の2第1項第1号)。
(3)誤り。保証協会の社員は、同時に他の保証協会の社員となることはできない(宅地建物取引業法第64条の4第1項)。
(4)誤り。保証協会は、弁済業務保証金分担金の納付を受けたときは、その日から1週間以内に弁済業務保証金を供託しなければならない(宅地建物取引業法第64条の7第1項)。

-お知らせ, 宅地建物取引業法, 過去問
-, ,

Copyright© 不動産の専門家への第一歩~宅地建物取引士資格試験合格講座 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.