宅地建物取引業法 過去問

【過去問】平成8年度問44

更新日:

問題

宅地建物取引業者A(事務所数1)が、宅地建物取引業保証協会(以下この間において「保証協会」という。)に加入しようとし、又は加入した場合に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。
(1)Aは、保証協会に加入するため弁済業務保証金分担金を納付する場合、国債証券、地方債証券その他一定の有価証券をもってこれに充てることができ、国債証券を充てるときは、その額面金額は60万円である。
(2)Aが保証協会に加入した後、新たに支店を1ヵ所設置した場合、Aは、その日から2週間以内に、弁済業務保証金分担金30万円を供託所に供託しなければならない。
(3)Aは、保証協会から還付充当金を納付すべき旨の通知を受けた場合、その日から2週間以内に、当該還付充当金を納付しなければ社員の地位を失う。
(4)Aが保証協会の社員の地位を失い、弁済業務保証金分担金の返還を受けようとする場合、Aは、一定期間以内に保証協会の認証を受けるため申し出るべき旨の公告をしなければならない。

解説

正解(3)
(1)誤り。保証協会に加入するために納付する弁済業務保証金分担金は、金銭でなければならない(宅地建物取引業法第64条の9第1項第1号)
(2)誤り。Aは、事務所開設の日から2週間以内に、弁済業務保証金分担金30万円を保証協会に納付しなければならない(宅地建物取引業法第64条の9第2項)。
(3)正しい(宅地建物取引業法第64条の10第2項)。
(4)誤り。保証協会の社員が社員の地位を失ったとき、認証を受けるため申し出るべき旨を公告するのは、保証協会である(宅地建物取引業法第64条の11第4項)。

-宅地建物取引業法, 過去問
-, ,

Copyright© 不動産の専門家への第一歩~宅地建物取引士資格試験合格講座 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.