「法令上の制限」 一覧

【過去問】平成25年度問22

問題 次の記述のうち、正しいものはどれか。 (1)地すべり等防止法によれば、地すべり防止区域内において、地表水を放流し、又は停滞させる行為をしようとする者は、一定の場合を除き、市町村長の許可を受けなけ …

【過去問】平成26年度問19

問題 宅地造成等規制法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。なお、この問において「都道府県知事」とは、地方自治法に基づく指定都市、中核市及び特例市にあってはその長をいうものとする。 (1)宅 …

【過去問】平成23年度問20

問題 宅地造成等規制法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。なお、この問における都道府県知事とは、地方自治法に基づく指定都市、中核市、特例市にあってはその長をいうものとする。 (1)都道府県 …

【過去問】平成20年度問22

問題 宅地造成等規制法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。なお、この問における都道府県知事とは、地方自治法に基づく指定都市、中核市、特例市にあってはその長をいうものとする。 (1)宅地造成 …

【過去問】平成19年度問23

問題 宅地造成等規制法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。 なお、この問における都道府県知事とは、地方自治法に基づく指定都市、中核市及び特例市にあってはその長をいうものとする。 (1)都道 …

【過去問】平成26年度問20

問題 土地区画整理法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。 (1)施行者は、宅地の所有者の申出又は同意があった場合においては、その宅地を使用し、又は収益することができる権利を有する者に補償をすれ …

【過去問】平成23年度問21

問題 土地区画整理法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。 (1)土地区画整理組合の設立の認可の公告があった日後、換地処分の公告がある日までは、施行地区内において、土地区画整理事業の施行の障 …

【過去問】平成20年度問23

問題 土地区画整理法における仮換地指定に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。 (1)土地区画整理事業の施行者である土地区画整理組合が、施行地区内の宅地について仮換地を指定する場合、あらかじめ …

【過去問】平成17年度問23

問題 土地区画整理法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。 (1)土地区画整理組合が総会の議決により解散しようとする場合において、その組合に借入金があるときは、その解散についてその債権者の同 …

【過去問】平成16年度問22

問題 土地区画整理法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。 (1)土地区画整理事業の施行地区内においては、土地区画整理法第76条の規定により、一定の建築行為等について、国土交通大臣又は都道府県知 …

Copyright© 不動産の専門家への第一歩~宅地建物取引士資格試験合格講座 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.