権利関係 過去問

【過去問】平成16年度問15

更新日:

問題

不動産の仮登記に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。
(1)仮登記の申請は、申請情報と併せて仮登記義務者の承諾を証する情報を提供して、仮登記権利者が単独ですることができる。
(2)仮登記の申請は、申請情報と併せて仮登記を命じる処分の決定書正本を提供して、仮登記権利者が単独ですることができる。
(3)仮登記の抹消の申請は、申請情報と併せてその仮登記の登記識別情報を提供して、登記上の利害関係人が単独ですることができる。
(4)仮登記の抹消の申請は、申請情報と併せて仮登記名義人の承諾書を提供して、登記上の利害関係人が単独ですることができる。

解説

正解(3)
(1)正しい。仮登記は、①仮登記の登記義務者の承諾があるとき、②仮登記を命ずる処分があるときは、当該仮登記の登記権利者が単独で申請することができる(不動産当記法第107条第1項)。
(2)正しい。仮登記を命じる処分があれば、仮登記権利者は単独で申請することができる(不動産当記法第107条第1項)。
(3)誤り。仮登記の抹消は、仮登記の登記名義人が単独で申請することができる。また、仮登記の登記名義人の承諾がある場合における当該仮登記の登記上の利害関係人も単独で申請することができる(不動産登記法第110条)。しかし、本肢のように「申請情報にその登記識別情報を提供して、登記上の利害関係人が単独でする」ことができるわけではない。
(4)正しい。仮登記の抹消申請は、仮登記名義人の承諾があれば、利害関係人が単独ですることができる(不動産登記法第110条)。

-権利関係, 過去問
-, ,

Copyright© 不動産の専門家への第一歩~宅地建物取引士資格試験合格講座 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.