宅地建物取引業法 過去問

【過去問】平成21年度問33

更新日:

問題

宅地建物取引業者Aが行う宅地建物取引業法第35条に規定する重要事項の説明に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。
(1)建物の売買の媒介を行う場合、当該建物が地域における歴史的風致の維持及び向上に関する法律第12条第1項の規定に基づく歴史的風致形成建造物であるときは、Aは、その増築に際し市町村長への届出が必要である旨を説明しなければならない。
(2)建物の売買の媒介を行う場合、当該建物について石綿の使用の有無の調査の結果が記録されていないときは、Aは、自ら石綿の使用の有無の調査を行った上で、その結果の内容を説明しなければならない。
(3)建物の貸借の媒介を行う場合、当該貸借の契約が借地借家法第38条第1項の規定に基づく定期建物賃貸借契約であるときは、Aは、その旨を説明しなければならない。
(4)建物の貸借の媒介を行う場合、Aは、当該貸借に係る契約の終了時において精算することとされている敷金の精算に関する事項について、説明しなければならない。

解説

正解(2)
(1)正しい(宅地建物取引業法第35条第1項第2号、宅地建物取引業法施行令第3条第1項第12号の5)。
(2)誤り。石綿の使用に関しては、建物売買の媒介の際に、「当該建物について、石綿の使用の有無の調査の結果が記録されているときは、その内容」を重要事項として説明しなければならない(宅地建物取引業法第35条第1項第14号、宅地建物取引業法施行規則第16条の4の3第4号)。結果が記録されていないときは、「調査結果の記録なし」と記入・説明すればよく、宅地建物取引業者に調査義務はない。
(3)正しい(宅地建物取引業法第35条第1項第2号、宅地建物取引業法施行規則第16条の4の3第9号)。
(4)正しい(宅地建物取引業法第35条第1項第2号、宅地建物取引業法施行規則第16条の4の3第11号)。

-宅地建物取引業法, 過去問
-, ,

Copyright© 不動産の専門家への第一歩~宅地建物取引士資格試験合格講座 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.