権利関係 過去問

【過去問】平成26年度問3

更新日:

問題

権利の取得や消滅に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。
(1)売買契約に基づいて土地の引渡しを受け、平穏に、かつ、公然と当該土地の占有を始めた買主は、当該土地が売主の所有物でなくても、売主が無権利者であることにつき善意で無過失であれば、即時に当該不動産の所有権を取得する。
(2)所有権は、権利を行使することができる時から20年間行使しないときは消滅し、その目的物は国庫に帰属する。
(3)買主の売主に対する瑕疵担保による損害賠償請求権には消滅時効の規定の適用があり、この消滅時効は、買主が売買の目的物の引渡しを受けた時から進行する。
(4)20年間、平穏に、かつ、公然と他人が所有する土地を占有した者は、占有取得の原因たる事実のいかんにかかわらず、当該土地の所有権を取得する。

解説

正解(3)
(1)誤り。不動産については、即時取得を認めていない。
(2)誤り。所有権については、時効により消滅することはない(民法第167条第2項)
(3)正しい。判例(最高裁判例平成13年11月27日)では、「瑕疵担保による損害賠償請求権には消滅時効の規定の適用があり、この消滅時効は、買主が売買の目的物の引渡しを受けた時から進行する」としている。
(4)誤り。取得時効が完成するためには「所有の意思」が必要である。

-権利関係, 過去問
-, ,

Copyright© 不動産の専門家への第一歩~宅地建物取引士資格試験合格講座 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.