権利関係 過去問

【過去問】平成16年度問1

更新日:

問題

A所有の土地につき、AとBとの間で売買契約を締結し、Bが当該土地につき第三者との間で売買契約を締結していない場合に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものはどれか。
(1)Aの売渡し申込みの意思は真意ではなく、BもAの意思が真意ではないことを知っていた場合、AとBとの意思は合致しているので、売買契約は有効である。
(2)Aが、強制執行を逃れるために、実際には売り渡す意思はないのにBと通謀して売買契約の締結をしたかのように装った場合、売買契約は無効である。
(3)Aが、Cの詐欺によってBとの間で売買契約を締結した場合、Cの詐欺をBが知っているか否かにかかわらず、Aは売買契約を取り消すことはできない。
(4)Aが、Cの強迫によってBとの間で売買契約を締結した場合、Cの強迫をBが知らなければ、Aは売買契約を取り消すことができない。

解説

正解(2)
(1)誤り。表意者がその真意ではないことを知ってした意思表示(心裡留保)は、原則として有効である(民法第93条本文)。しかし、相手方が表意者の真意を知り、又は知ることができたときは無効である(民法第93条但書)。
(2)正しい。AB間で通謀して売買契約を締結しても無効となる(民法第94条第1項)。
(3)誤り。相手方に対する意思表示について第三者が詐欺を行った場合においては、相手方がその事実を知っていたときに限り、その意思表示を取り消すことができる(民法第96条第2項)。
(4)誤り。詐欺による取消は善意の第三者に対抗できないが(民法第96条第3項)、強迫の場合には善意の第三者に対しても対抗することができる。よって、Aは売買契約を取り消すことができる。

-権利関係, 過去問
-, ,

Copyright© 不動産の専門家への第一歩~宅地建物取引士資格試験合格講座 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.