権利関係 過去問

【過去問】平成14年度問12

更新日:

問題

相続の承認及び放棄に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、誤っているものはどれか。
(1)相続の放棄をする場合、その旨を家庭裁判所に申述しなければならない。
(2)相続人が数人あるときは、限定承認は、共同相続人の全員が共同してのみこれをすることができる。
(3)相続人が、自己のために相続の開始があったことを知った時から3ヵ月(家庭裁判所が期間の伸長をした場合は当該期間)以内に、限定承認又は放棄をしなかったときは、単純承認をしたものとみなされる。
(4)被相続人の子が、相続の開始後に相続放棄をした場合、その者の子がこれを代襲して相続人となる。

解説

正解(4)
(1) 正しい。相続の放棄をするためには、家庭裁判所に申述する必要がある(民法第938条)。
(2)正しい。限定承認は、相続人全員で行わなければならない(民法第923条)。
(3)正しい。限定承認および相続の放棄は、相続人が自己のために相続の開始があったことを知った時から3か月以内にしなければならない(民法第915条)。この期間内に限定承認または相続の放棄をしなかった場合には、単純承認したものとみなされる(民法第921条第2号)。
(4)誤り。相続の放棄をした者は、その相続に関しては、初めから相続人とならなかったものとみなされる(民法第939条)。このため、相続放棄した者の子には代襲相続は認められない。

-権利関係, 過去問
-, ,

Copyright© 不動産の専門家への第一歩~宅地建物取引士資格試験合格講座 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.