スタートアップ講座

スタートアップ講座

宅地建物取引士資格試験で出題される問題のうち、実に40%(50問中20問)を占めるのが「宅地建物取引業法」(業法)です。

合格者の中には業法で満点を取る人も少なくなく、しっかりと学習すれば誰でも点を取れるようになります。

逆に業法で点が取れないと他の科目でカバーすることは極めて困難であり、まさに「業法を制する者が宅建試験を制する」と言っても過言ではありません

早い時期に業法を得意科目にすることで、合格への道を確実にすることができます。

このスタートアップ講座では、業法の全体像や制度趣旨を理解することに重点を置きつつ、業法完全マスターの土台となる知識を身につけていきます。

カリキュラム・スケジュール

科目内容土曜コース平日夜コース
第1回宅建業法(前半)講座ガイダンス、宅地建物取引業法の全体構造、宅地建物取引業と免許
(後半)免許申請の手続と要件
3月3日(土)午前3月7日(水)夜
第2回宅建業法(前半)宅地建物取引士
(後半)営業保証金と保証協会
3月3日(土)午後3月8日(木)夜
第3回宅建業法(前半)業務に関する規制
(後半)案内所、帳簿等
3月10日(土)午前3月14日(水)夜
第4回宅建業法(前半)媒介契約に関する規制
(後半)報酬に関する規制
3月10日(土)午後3月15日(木)夜
第5回宅建業法(前半)重要事項の説明
(後半)契約書面(37条書面)
3月17日(土)午前3月16日(木)夜
第6回宅建業法(前半)自ら売主規制①
(後半)自ら売主規制②、履行確保法
3月17日(土)午後3月28日(水)夜
第7回宅建業法(前半)変更届出等
(後半)監督処分・罰則
3月24日(土)午前3月29日(木)夜

※各回の講義時間は2時間30分となります。
※講義範囲・内容は予告なく変更する場合があります。
※土曜コースと平日夜コースの講義内容は同じです。

こんな人におすすめ

  • 初めて宅地建物取引士資格試験を受験される方
  • 平成30年度試験で絶対に合格したいと考えている方

 

今年度のスタートアップ講座の申込受付は終了いたしました。