「 宅建 」 一覧

「権利関係」重要ポイント解説講座のご案内

民法や借地借家法などの「権利関係」は、宅建試験の中でも特に難しいと言われています。 この講座では、「権利関係」のうち特に出題頻度が高い重要ポイントに的を絞り、分かり易く解説いたします。 日  時 8月 …

受験申込をお忘れなく!

宅地建物取引士資格試験の受験申込みはもうお済みでしょうか? 申込期間は以下のとおりとなっております。 インターネット申込み 平成30年7月2日(月)9時30分から7月17日(火)21時59分まで 郵送 …

【宅建ポイント解説】未成年者

【宅建ポイント解説】虚偽表示

【宅建ポイント解説】詐欺・強迫

【過去問】平成25年度問3

問題 甲土地の所有者Aが、他人が所有している土地を通行することに関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。 (1)甲土地が他の土地に囲まれて公道に通じない場合、Aは、公 …

【過去問】平成24年度問5

問題 次の1から4までの記述のうち、民法の規定及び下記判決文によれば、明らかに誤っているものはどれか。 (判決文) 請負人が建築した建物に重大な瑕疵があって建て替えるほかはない場合に、当該建物を収去す …

【過去問】平成23年度問5

問題 AがBに対して1,000万円の代金債権を有しており、Aがこの代金債権をCに譲渡した場合における次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。 (1)AB間の代金債権には譲渡 …

【過去問】平成19年度問9

問題 債権の譲渡に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。 (1)指名債権が二重に譲渡され、確定日付のある各債権譲渡通知が同時に債務者に到達したときは、各債権譲受人は、債 …

【過去問】平成25年度問9

問題 Aに雇用されているBが、勤務中にA所有の乗用車を運転し、営業活動のため顧客Cを同乗させている途中で、Dが運転していたD所有の乗用車と正面衝突した(なお、事故についてはBとDに過失がある。)場合に …

Copyright© 不動産の専門家への第一歩~宅地建物取引士資格試験合格講座 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.