権利関係 過去問

【過去問】平成18年度問11

更新日:

問題

事業者Aが雇用している従業員Bが行った不法行為に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。
(1)Bの不法行為がAの事業の執行につき行われたものであり、Aに使用者としての損害賠償責任が発生する場合、Bには被害者に対する不法行為に基づく損害賠償責任は発生しない。
(2)Bが営業時間中にA所有の自動車を運転して取引先に行く途中に前方不注意で人身事故を発生させても、Aに無断で自動車を運転していた場合、Aに使用者としての損害賠償責任は発生しない。
(3)Bの不法行為がAの事業の執行につき行われたものであり、Aに使用者としての損害賠償責任が発生する場合、Aが被害者に対して売買代金債権を有していれば、被害者は不法行為に基づく損害賠償債権で売買代金債務を相殺することができる。
(4)Bの不法行為がAの事業の執行につき行われたものであり、Aが使用者としての損害賠償責任を負担した場合、A自身は不法行為を行っていない以上、Aは負担した損害額の2分の1をBに対して求償できる。

解説

正解(3)
(1)誤り。Bにも不法行為に基づく損害賠償責任は発生する(不真正連帯債務)。
(2)誤り。BがAに無断で自動車を運転した結果事故を起こしたとしても、営業時間中であるため、Aには使用者としての損害賠償責任が発生する。
(3)正しい。被害者側から不法行為に基づく損害賠償債権で売買代金債務を相殺することはできる。
(4)誤り。求償権の範囲は「信義則上相当と認められる額」である。

-権利関係, 過去問
-, ,

Copyright© 不動産の専門家への第一歩~宅地建物取引士資格試験合格講座 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.