宅地建物取引業法 過去問

【過去問】平成18年度問42

更新日:

問題

次の記述のうち、宅地建物取引業法(以下この間において「法」という。)の規定によれば、正しいものはどれか。
(1)宅地建物取引業者は、その事務所ごとに従業者名簿を備えなければならず、当該名簿を最終の記載をした日から5年間保存しなければならない。
(2)宅地建物取引業者は、従業者を業務に従事させる際に、その従業者であることを証する証明書を携帯させなければならないが、当該証明書を携帯させなかった場合でも、業務停止処分を受けることはない。
(3)宅地建物取引業者は、その事務所ごとに、その業務に関する帳簿を備え、宅地建物取引業に関し取引のあったつど、その年月日、その取引に係る宅地又は建物の所在及び面積その他の事項を記載しなければならない。
(4)宅地建物取引業者は、一団の宅地の分譲を行う案内所において宅地の売買の契約の締結を行わない場合には、その案内所に国土交通省令で定める標識を掲示しなくてもよい。

解説

正解(3)
(1)誤り。宅地建物取引業者は、国土交通省令に定める事項を記載した従業者名簿を、最終の記載をした日から10年間保存しなければならない(宅地建物取引業法第48条第3項、宅地建物取引業法施行規則第17条の2第4項)。
(2)誤り。従業者を業務に従事させる際に従業者証明書を携帯させる義務(宅地建物取引業法第48条第1項)に違反した宅地建物取引業者は、業務停止処分を受ける可能性がある(宅地建物取引業法第65条第2項2号)。
(3)正しい。(宅地建物取引業法第49条)
(4)誤り。宅地建物取引業者が一団の宅地建物の分譲を案内所を設置して行う場合にあっては、その案内所に標識を掲げなければならない(宅地建物取引業法第50条第1項、宅地建物取引業法施行規則第19条第1項第2号、第3号)。その案内所で宅地の売買の契約の締結を行わない場合も同様。

-宅地建物取引業法, 過去問
-, ,

Copyright© 不動産の専門家への第一歩~宅地建物取引士資格試験合格講座 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.